ウォーターサーバーの失敗しない選び方 - 世界のウォーターサーバー事情

世界のウォーターサーバー事情 > ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの失敗しない選び方

世界的に見て、ウォーターサーバーの需要は高まっていますが、安全な品質のものを選ぶためのポイントをご紹介します。
日本国内で入手できるウォーターサーバーも、採水地が外国であったりします。
日本国内の水については、その水源地などを調べて汚染が無いかどうか確認ができますが、海外の水だった場合少し不安です。

あなたが、ウォーターサーバーを購入する目的が「放射性物質が心配」ということであれば、国外の放射能汚染についても調べておく必要があります。
放射能のみならず、世界各地は工業用排水による汚染など、十分きれいな水ばかりとは限りません。
このため、可能であれば採水地とその上流の汚染状況を調べておく必要があります。
日本は原発事故によって放射性物質がばらまかれてしまいましたが、世界では過去にも原発事故がおきています。
ヨーロッパであればチェルノブイリがありますし、アメリカのスリーマイル島など、原子力発電所からの放射能漏れはおきています。
また、事故がおきたり放射線量が上がっても公表していない疑いのある国もあります。
採水地の近くに原子力発電所などが無いかどうかはチェックしたほうが良いかもしれません。

では、水そのものの安全性についてはどのようにチェックしたらよいでしょうか。
まず、その水を販売している会社がきちんと検査をしているかどうかを確認してください。
多くの会社では、その採水地でとれた水の成分を分析しているはずです。
そして、一度だけの検査ではなく定期的に検査している会社がベターです。
自社によるものではなく、国の機関や第三者の研究機関で検査しているものがより安心です。

他にも、ウォーターサーバー内の衛生環境をチェックします。
もちろん、購入してすぐは問題ないですが、もし家においてある間に水が腐ってきてしまうと安全な水とはいえません。
その原因の多くはサーバーの構造に問題があります。
家で使ううちに真空状態から空気が入り込んで、菌が繁殖してしまうのです。
サーバーの構造についてもチェック項目に入れておくと良いでしょう。