海外の飲料水 - 世界のウォーターサーバー事情

海外の飲料水

海外で水道水を飲めるかどうか、その安全性は世界でも15カ国しか確認されていません。
水道水を普通に飲料水として使う日本人にとっては驚きの事実かもしれませんが、世界では意外と少数派なのです。
水道水が安全で、飲めるという日本の環境が特異な状況だといえるでしょう。

日本人が海外旅行に行くと、「水でお腹を壊す」というのはよく聞く話です。
海外では水道水を飲んではいけない、ミネラルウォーターを買うものだ、とガイドブックにも書いてあることと思います。
しかし、旅行者のみならず現地の人も「水は買って飲むもの」だと考える国がたくさんあります。

日本は、水道の設備が整っているばかりか浄水場の性能も良い国だといわれています。
国土が狭いので、その中にギュッとインフラを詰め込むという事で技術が発達している面もあります。
これが、大陸の広い国土を持つ国なら水道を人の住んでいる箇所に伸ばして、かつ濾過して、安全に届けるということが難しくなります。
コストも、技術も、途方も無いものです。
そこで、こうした国では一箇所で水を採水し、ペットボトルに詰めて売る方法がとられています。
そのほうが合理的でコストも安く済むためです。

この手段によって、水源が遠い場所にあっても気軽に飲み水を手にすることができるようになりました。
日本人が海外に行ったとき、お腹を壊さないのは安全な水を持ち運びできるからです。
日本の水とは味が違っても、最低限滅菌されている水を飲めることは不可欠なのです。

ガイドブックや旅行情報のサイトでは、日本の水に近い飲料水のメーカーが紹介されていたりします。
このメーカーの水ならお腹を壊さなかった…などの書き込みも見受けられます。
同じ国で売っているペットボトルでも、採水地が異なれば水質が変わります。
また、日本では想像できないことですが滅菌が不十分でお腹を壊してしまう可能性もあります。
密封されているから大丈夫、というわけではないのです。
海外に出たとき、私たちは安全な水が飲める国に生まれているのだと、思い知ることになるでしょう。